フォト

Asitami Herbal Care の日々

  • 0633
    2010年 5月。南インド トリシュール市にある アユールベーダの治療院での滞在スナップ。身体のメンテナンスと膝痛の治療を兼ねて、インド伝統医療の現場をのぞいてみました。

Sahyande Makan~舞台写真(stage photo)

  • S762061666_2303594_3405505
    2008年 11月トリヴァンドラムの初演〜12月ニーナサム〜2009年1月デリー〜ラクナウ〜3月トリヴァンドラム再演 〜4月初の海外公演 韓国 金梅。屋外、屋内と空間は様々でしたが、少しずつ進化していきます。ごく一部ですがご覧ください。

Sahyande Makan(山脈の子)2008.oct~nov初演までの日々

  • Dscf5636
    2008年4月のフィールドワーク、8月の山中合宿を経て、いよいよ10月本格的作品作りがスタートした、このエレファントプロジェクト。『Sahyande Makan(サッヒャンデ マカン)』 小さな小さなプロジェクトですが、一歩一歩、ゆっくり大切に歩んで、世界中のお客さんに届けていければと願います。 さて、今回のアルバムでは、 2008年11月29日 南インド ケララ州  トリヴァンドラム /ヴァイロッピリー サンスクリット バーバ での 世界初演に向けて走り出した本当に暑い?!インドの日々をご紹介します。

« 暑いですね。 | トップページ | 南インド  AT TAPADYの山から戻りました。 »

2008年8月19日 (火)

『歌行燈』終了いたしました。

公演『歌行燈』、並びに美加理ワークショップ、無事に終了いたしました。
関係者の皆様、!お越しいただいた皆様!、どうもありがとうございました。!!
また新たに心とからだをみつめる日々でした。
公演に向けて積み重ねる日々というのは、なんともなんとも。。。出会った人々、環境、そのご時世、その絡み具合で、刻々と変化してゆく、不可視の造型。いったいこの船はどこにいくのか?
終わったばかりではまだみえないことだらけといつも思うのです。次へ次へと漕いでいって、ふとした時、風景がとびこんで、『ああ』と突然府におちる。
というわけで、早速次へと向かっています。
8月インド『山脈の子』の山中合宿。9月シアターX『阿国のメタモルフォーゼ』。10月韓国ソウル『オセロー』。10月インド『山脈の子』の稽古、11月インド稽古及び公演、12月、2009年1月インド国内ツアー。2月3月『オセロー』詳細未定。。。。。と、ひとまずここまで、走ってみます。根がかなりのんびり屋なのでお尻に火をつけなければなりません。
ここまで、一歩一歩、どんな世界や人に出会うのだろうか。どんな自分に出会うのか。
ここまで、いったら、ゆっくり健康診断受けたいです。
そして、ヒマラヤのトレッキングに行きたいのです。

« 暑いですね。 | トップページ | 南インド  AT TAPADYの山から戻りました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • Levitra. (Buy sublingual levitra online.)

ウェブページ