フォト

Asitami Herbal Care の日々

  • 0633
    2010年 5月。南インド トリシュール市にある アユールベーダの治療院での滞在スナップ。身体のメンテナンスと膝痛の治療を兼ねて、インド伝統医療の現場をのぞいてみました。

Sahyande Makan~舞台写真(stage photo)

  • S762061666_2303594_3405505
    2008年 11月トリヴァンドラムの初演〜12月ニーナサム〜2009年1月デリー〜ラクナウ〜3月トリヴァンドラム再演 〜4月初の海外公演 韓国 金梅。屋外、屋内と空間は様々でしたが、少しずつ進化していきます。ごく一部ですがご覧ください。

Sahyande Makan(山脈の子)2008.oct~nov初演までの日々

  • Dscf5636
    2008年4月のフィールドワーク、8月の山中合宿を経て、いよいよ10月本格的作品作りがスタートした、このエレファントプロジェクト。『Sahyande Makan(サッヒャンデ マカン)』 小さな小さなプロジェクトですが、一歩一歩、ゆっくり大切に歩んで、世界中のお客さんに届けていければと願います。 さて、今回のアルバムでは、 2008年11月29日 南インド ケララ州  トリヴァンドラム /ヴァイロッピリー サンスクリット バーバ での 世界初演に向けて走り出した本当に暑い?!インドの日々をご紹介します。

« 「バッカイ」公演のお知らせ | トップページ | お久しぶりです。近況報告。&「王女メデイア」のご案内。 »

2010年3月 7日 (日)

「バッカイ」終了しました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。関係者のみなさま本当にお疲れ様でした。深淵な大人の鎮魂劇でした。いただいた割台詞は5つのみとなりましたが、(とほほ)しかし!!!能の桜間さんとの舞の場面を戴き身にあまる貴重な経験となりました。大先輩の演者のみなさん、スタッフのみなさん、お人形さんとの和やかかつスリリングな稽古、本番が終わり寂しいです。もっと私のいろんな部分が大きくなっていつかまた共演させていただける日がくるといいなと思います。さて!早速0521 次は宮城聡演出「王女メデイア」コロンビア公演の稽古に突入です!!!

« 「バッカイ」公演のお知らせ | トップページ | お久しぶりです。近況報告。&「王女メデイア」のご案内。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

 ご苦労様でした。2年ぶりに観させて頂きました。肉声は、5年ぶりぐらいかなぁ、聞けて良かったです。それにしても相変わらずと、言うよりも、むしろ益々綺麗になられてますね。本当に!。艶々光っていて内面からも輝きが溢れ出ている感じですね。
 もう少し台詞を聞きたいと思いましたが、身体の動きと輝きは、それを凌駕していてさすがでしたね。異なる分野どうしが見事に融合していた舞台でしたね。ありがとうございました。
 今度は、コロンビアですか、すごいですね。ワールドワイドのご活躍に期待しております。

3日(水)に伺いました。冒頭の完全なる闇に、プロの仕事を予感してワクワク。
人形にも魅入ってしまいましたし、各分野の役者さんの台詞が実に心地よく明瞭で、
芝居の世界観の遠近を行ったり来たりするような物語の中に、どっぷり浸ることができました。
度々公演に同行していた友人も、今やすっかり美加理さんファン。
「王女メデイア」も見せたいんですがね~。

誕生日おめでとうございます。

いつも素晴らしい舞台をミセテいただき、ありがとうございます。これからも素敵な魅力あふれる舞台を楽しみにしております。

はじめてブログを拝見しました。
20年以上前一度下北スズナリで共演させていただきました。以降、だいぶ前ですが初台の劇場でお芝居を拝見してからずーっとご活躍を知らず・・・。演劇からは遠く離れ、普通の主婦として暮らしてますが、次回是非またお芝居を拝見させてください。
海外に行かれる事が多いようですが、どうぞお体に気をつけて。お元気で!

good Hi, I saw your performance in Colombia, it was like poetry. Your a terrific actress. I hope I can see you in another play in the future. Take care. Muchos exitos!

美加理様

演劇に就いては、この十数年見るのをサボっていました。まったく損をしたものです。
先日「ふくすけ」を映像で拝見して、少なからず戦慄を覚えました。そうした役柄ではないのに、やはり「巫女」の清冽さを感じました。
私は前衛歌人塚本邦雄の歌誌「玲瓏」の末席を汚すものですが、ささやかながら
あなたの光輝ある演技に腰折を捧げさせてください。

月のした皮を剥がれて立つ鹿を肌理の細かい夜に包みおく
浄瑠璃にあやつられたる蟷螂の徳三郎が見染めしお初
暗緑の本の化石を敷きつめた石畳には裸形の鴉

次回は必ず足を運んで、あなたに花を贈りたい、と存じます。

ps:インド、というと昔ラジオドラマで聴いた「明日こそ鳥は羽ばたく」を反射的に思い浮かべてしまいます。声、というものの不思議な浸透圧を想う時、昔テープにとって何十回と聴いた寺山等のドラマを今も鮮明に思い出します。美加理さんに巫女を感じたのも、お声の異界性(近さと遠さを等分に含むような)による部分が大きいかな、とふと感じました。

やはり、サボりはよくないですね^^

                 足田 久夢

昨日はyoutubeで象に化身される舞台を拝見いたしました。

様々に思うところの多い舞踏でした。
一番こころを奪われたのは、象の頭部が裂けてほころびるように、襟元に埋まっていた顔が顕れる、その霊的な静けさでしょうか。
月を来世と見た平安人の眼に映る白。

また何よりもこころに掛ったのは、顔の斜め前に翳した指さきの舞いに呼応して、表情が複雑に波立つ仕草。
これが、極めて魅惑的ながら何を象徴しているのか、分からなかった。
釈迦の「捻華微笑」という解釈では、かなり的外れでしょうか?

昔、ウィリアムフォーサイスが溌剌としていた頃のフランクフルトバレエ日本公演は全て欠かさず見ていましたが、彼らの舞踏をも取り込んだ自在な舞いの中に、やはりどうしても欠けていて、物足りなく思うのが肘より先の舞い、特に指さきの踊りでした。
指がそよぎ、ささめく姿に、美加理さんの身体に流れる東洋の発露を見たように思います。

雷雲に娘の袖を耳として末期の象が立つ能舞台

                              足田

はじめましてですが20数年前にミカエラ学園とか悪魔のいるクリスマスとか見て好きだったですミカリさん。次回の公演とか教えて欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517794/47743465

この記事へのトラックバック一覧です: 「バッカイ」終了しました。:

« 「バッカイ」公演のお知らせ | トップページ | お久しぶりです。近況報告。&「王女メデイア」のご案内。 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • Levitra. (Buy sublingual levitra online.)

ウェブページ