フォト

Asitami Herbal Care の日々

  • 0633
    2010年 5月。南インド トリシュール市にある アユールベーダの治療院での滞在スナップ。身体のメンテナンスと膝痛の治療を兼ねて、インド伝統医療の現場をのぞいてみました。

Sahyande Makan~舞台写真(stage photo)

  • S762061666_2303594_3405505
    2008年 11月トリヴァンドラムの初演〜12月ニーナサム〜2009年1月デリー〜ラクナウ〜3月トリヴァンドラム再演 〜4月初の海外公演 韓国 金梅。屋外、屋内と空間は様々でしたが、少しずつ進化していきます。ごく一部ですがご覧ください。

Sahyande Makan(山脈の子)2008.oct~nov初演までの日々

  • Dscf5636
    2008年4月のフィールドワーク、8月の山中合宿を経て、いよいよ10月本格的作品作りがスタートした、このエレファントプロジェクト。『Sahyande Makan(サッヒャンデ マカン)』 小さな小さなプロジェクトですが、一歩一歩、ゆっくり大切に歩んで、世界中のお客さんに届けていければと願います。 さて、今回のアルバムでは、 2008年11月29日 南インド ケララ州  トリヴァンドラム /ヴァイロッピリー サンスクリット バーバ での 世界初演に向けて走り出した本当に暑い?!インドの日々をご紹介します。

« 孟夏、そして9月。 | トップページ | 「笑う土」明日本番。 »

2010年9月12日 (日)

トルコ&日本コラボレーション「Sound Migration」公演のお知らせ

ようやく秋の風が香りはじめましたね。インド漬の身体も、やっと妙な日本の気候に慣れてきたところでしたが、さて明後日からトルコに滞在です。
イスタンブール!!!クナウカのツアーでも訪れたことのない トルコ。どんな国なんでしょう?楽しみです。今年は{トルコにおける日本年}なのだそうです。トルコでは日本を好きでいてくださる方が多いと聞きます。両国の信頼を築いてきた昔の人々に感謝します。

私が参加する企画は、
国際交流基金の主催事業 で、イスタンブールでトルコと日本の現代音楽のアーチストが初めて顔をあわせお互いの文化や価値観様々なことを交差させて作品を立ち上げるというもの。ミュージシャンではない私はちょっと一人寂しいのですが、楽しんで何かしてきます!。
イスタンブールでの滞在創作2週間を経て、公演はイスタンブール、イズミル、カイロ、ブタペストそれぞれ1公演とフルスピードで巡演し、10月半ばはじめに帰国します。日本公演は来年の予定。
タイトルは「Sound Migration」 詳細は以下ホームページでご覧下さい。イスタンブールでのリハーサルの様子などこれからupしていくそうです。
こちらのブログでも更新できたら様子おしらせします。日本の政治の動向や気象などいろいろ心配ですが、
みなさまもどうぞお元気で、お過ごしください。maple

http://www.jp/j/culture/new/1009/09-01.html

ところで、今上演中の舞台 東京 杉並区の劇場、座 高円寺の企画公演「旅とあいつとお姫さま」は
 素晴らしかったです。!杉並区の小学4年生が全て観劇する以外に一般公開のスケジュールもあります。お勧めです。。大人3000円 子供2000円。未就学児500円。親子割引もあります。
子供だけでなく大人もたのしめるとてもセンスのある水準の高い舞台です。シンプルで美しく残酷で軽やかで、。。。。!!!!
東京だけでなく他 幾つかの土地での公演もあるようです。こんな優れた舞台を小学生から観られるなんて素敵。
「旅とあいつとお姫さま」で検索すると詳細がわかります。(昨年の情報がでることがありますので、2010年の情報かどうかお確かめくださいね。)

そして、10月は静岡 SPAC秋のシーズン2010も始ります。面白そうなラインナップです。こちらも是非お見逃しなく。!!
http://www.spac.or.jp

« 孟夏、そして9月。 | トップページ | 「笑う土」明日本番。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

聞いた話ですけど、イスタンブールでは、日本人女性は、モテモテになるそうでいい国みたいです。

ハードスケジュールみたいですが、元気いっぱい楽しんで公演の成功を願っています。

Isaoさん、いつもコメント下さってありがとうございます。私は旅の前の荷造りが大嫌いで、毎度ほぼ徹夜になってしまいます。。なんか違う事してしまうんですよね。。。日本の秋の様子などもまた教えてくださいね。では行ってまいります。さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

 Sound Migration のホームページにアクセスできませんでした…残念。

 今年の曼珠沙華(マンジュシャゲ)ヒガンバナは、いつもより十日位遅く咲きました。土から顔を出している球根を気にしながら見ても、なかなか変化がありませんでしたが、ある日突然に花芽が上がってきました。いつかは、出て来るだろうと思ってはいましたが、気にかけていたぶん、少しでも何らかの変化が見られると安心しますね。花芽が出なかった球根は、ようやく葉っぱが出てきています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517794/49426916

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ&日本コラボレーション「Sound Migration」公演のお知らせ:

« 孟夏、そして9月。 | トップページ | 「笑う土」明日本番。 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • Levitra. (Buy sublingual levitra online.)

ウェブページ