フォト

Asitami Herbal Care の日々

  • 0633
    2010年 5月。南インド トリシュール市にある アユールベーダの治療院での滞在スナップ。身体のメンテナンスと膝痛の治療を兼ねて、インド伝統医療の現場をのぞいてみました。

Sahyande Makan~舞台写真(stage photo)

  • S762061666_2303594_3405505
    2008年 11月トリヴァンドラムの初演〜12月ニーナサム〜2009年1月デリー〜ラクナウ〜3月トリヴァンドラム再演 〜4月初の海外公演 韓国 金梅。屋外、屋内と空間は様々でしたが、少しずつ進化していきます。ごく一部ですがご覧ください。

Sahyande Makan(山脈の子)2008.oct~nov初演までの日々

  • Dscf5636
    2008年4月のフィールドワーク、8月の山中合宿を経て、いよいよ10月本格的作品作りがスタートした、このエレファントプロジェクト。『Sahyande Makan(サッヒャンデ マカン)』 小さな小さなプロジェクトですが、一歩一歩、ゆっくり大切に歩んで、世界中のお客さんに届けていければと願います。 さて、今回のアルバムでは、 2008年11月29日 南インド ケララ州  トリヴァンドラム /ヴァイロッピリー サンスクリット バーバ での 世界初演に向けて走り出した本当に暑い?!インドの日々をご紹介します。

文化・芸術

2011年2月26日 (土)

SPAC。富士山の日、記念式典で「羽衣」を舞う。

Photo

2月23日を、静岡県が新たに富士山の日とし、その記念式典にSPAC(静岡県舞台芸術センター)が、三保の松原、羽衣伝説をもとにした謡曲、「羽衣」をアレンジした小作品を創作し、2月23日静岡ホテルアソシエ式典会場で発表しました。おそれおおくもですが、天女を演じさせていただきました。数日前に、初めて三保の羽衣の松をみてきました。松林でしばし身体を動かし、久しぶりに自然の中に身をおくことが出来、身体の中に風が通ったような気がします。海の泡が、とてもとても柔らかく、指先に溶けてゆきました。
3


2011年1月30日 (日)

2011年 初めの舞台「Sound Migration」日本公演のご案内!

皆さま、2011年寒中お見舞い申しあげます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。!!
新年のご挨拶がおそくなってしまい失礼いたしました。今、静岡、日本平にいます。昨年12月半ばから、SPAC スプリングシーズン2011で3月に上演いたします、宮城聡演出の新作「グリム童話~少女と悪魔と風車小屋~」の稽古で静岡滞在中です。
冬の美しい富士山を日々、眺められる幸せ。堪能しています。

実は去年の10月の終わりにちょっと健康を損ねてしまい、(尿管結石という病気です。)、12月頭にインドのカルカッタで予定されていた、{エレファントプロジェクト」公演をキャンセルさせて貰ったという残念な出来事もありました。
加藤みやこさんのカンパニーの公演「笑う土」はお稽古も出番も動きもそう多くはないということで、色々とご迷惑をおかけしながら、なんとか舞台にたつことが出来ました。
長年の積もり積もった不規則な生活や食生活を見直さなければなりませんね。腰に激痛が走り、どうにもこうにも動けなくなってしまった当時のことを振り返ると、人間の身体のしくみの不思議さ、繊細さに改めて気づかされる思いです。
身体の中から、石が出て行ってしまえば、いいのですが、しばらく薬の服用をつづけています。
これからは、またいろんな箇所が、がたついて来ることでしょうが、その時の自分の身体を素直にみつめて、楽しんで、歳を重ねていきたいものです。皆さまもくれぐれもお体お大切に。
さて、
本題までゆっくりでした、。
今年最初の舞台のお知らせです。
昨年、9月にトルコのイスタンブールで音楽家の皆さんと作った作品が日本上陸します!!!

「Sound Migration」<日本=トルコ:わたりゆく音>
2011年2月12日(土)PM7:30 東京青山 スパイラルホール
2月14日(月)PM7:30 神奈川県民ホール・小ホール

日本とトルコの異才のミュージシャンによる激烈な音の交換。
静寂の音を紡ぐ美加理のムーブメント。
音と身体が緻密かつ大胆にわたりゆく。
トルコ、エジプト、ハンガリー、を巡り、日本完結公演!(チラシより)

出演
構成、ボーカル、パーカッション、 国広和毅
ボーカル サーデト・テュルキョズ
コントラバス 河崎純
ギター シェヴケト・アクンジュ
ムーブメント 美加理

入場料
前売り・予約 2500円 当日3000円(全席自由)

東京・神奈川とも電話予約・お問い合わせ
PARC(国際舞台芸術交流センター)03-5724-4660
sm@parc-jc.org

公演ホームページ
<a href="www.parc-jc.org">

~特別*耳より情報~
この美加理ブログ コメント欄からご予約していただける方には、何名様でも一人2000円でお入りいただけるようにいたします。
当日受付での清算となります。是非ご一報ください。メールアドレスを入力いただけましたらこちらから、返信させていただきます。

ご来場を心からお待ちしております~!

2010年9月12日 (日)

トルコ&日本コラボレーション「Sound Migration」公演のお知らせ

ようやく秋の風が香りはじめましたね。インド漬の身体も、やっと妙な日本の気候に慣れてきたところでしたが、さて明後日からトルコに滞在です。
イスタンブール!!!クナウカのツアーでも訪れたことのない トルコ。どんな国なんでしょう?楽しみです。今年は{トルコにおける日本年}なのだそうです。トルコでは日本を好きでいてくださる方が多いと聞きます。両国の信頼を築いてきた昔の人々に感謝します。

私が参加する企画は、
国際交流基金の主催事業 で、イスタンブールでトルコと日本の現代音楽のアーチストが初めて顔をあわせお互いの文化や価値観様々なことを交差させて作品を立ち上げるというもの。ミュージシャンではない私はちょっと一人寂しいのですが、楽しんで何かしてきます!。
イスタンブールでの滞在創作2週間を経て、公演はイスタンブール、イズミル、カイロ、ブタペストそれぞれ1公演とフルスピードで巡演し、10月半ばはじめに帰国します。日本公演は来年の予定。
タイトルは「Sound Migration」 詳細は以下ホームページでご覧下さい。イスタンブールでのリハーサルの様子などこれからupしていくそうです。
こちらのブログでも更新できたら様子おしらせします。日本の政治の動向や気象などいろいろ心配ですが、
みなさまもどうぞお元気で、お過ごしください。maple

http://www.jp/j/culture/new/1009/09-01.html

ところで、今上演中の舞台 東京 杉並区の劇場、座 高円寺の企画公演「旅とあいつとお姫さま」は
 素晴らしかったです。!杉並区の小学4年生が全て観劇する以外に一般公開のスケジュールもあります。お勧めです。。大人3000円 子供2000円。未就学児500円。親子割引もあります。
子供だけでなく大人もたのしめるとてもセンスのある水準の高い舞台です。シンプルで美しく残酷で軽やかで、。。。。!!!!
東京だけでなく他 幾つかの土地での公演もあるようです。こんな優れた舞台を小学生から観られるなんて素敵。
「旅とあいつとお姫さま」で検索すると詳細がわかります。(昨年の情報がでることがありますので、2010年の情報かどうかお確かめくださいね。)

そして、10月は静岡 SPAC秋のシーズン2010も始ります。面白そうなラインナップです。こちらも是非お見逃しなく。!!
http://www.spac.or.jp

2010年9月 2日 (木)

孟夏、そして9月。

暑さ辛抱ももう少し。皆さま、お見舞いもうしあげます。
それから、もう2カ月前になりますが、「王女メデイア」観に来てくださった皆さま、本当にありがとうございました。
霧や風や雨、自然の後押しで浮かびあがった舞台で身体の芯が引き締まる晩でした。。
このところ、ソロや少人数の舞台が多かったので、稽古期間から含め団体生活?はまた新鮮でした。新たな配役の方も昔なじみのメンバーも一緒にまたこの作品が出来たこと、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

その後、夏の半分は南インドで充電してきました。今回の家は目の前に広大な田んぼが広がる実に風の気持ち良い暮らし。雨期の終わるあたりでしたから、田んぼの中では沢山の生き物の気配がありエネルギーをグーとため込んでいる。今回の旅のテーマは、「作る。」「遊ぶ」
毎日の生活で当たり前にご飯を、作る。ふんどし?を、作る。絵を描く。折り紙を折る。etc.
折鶴はとても喜んでもらえます。8月6日に近所の子供たちと平和の鶴もおりました。数日前、ケララ州の新聞に広島、長崎の原爆の記事が掲載されていたそうです。日本人のおばさんと鶴を折った記憶が子供たちの何かの種に
なるとうれしいのですが。

日本に帰国してからは知人の舞台を観にいったり実家に帰ったり、本を読んだりしてすごしています。
そして、次回舞台の準備を進めています。

9月中旬から国際交流基金の主催事業で「トルコと日本のアーチストの共同制作」が、イスタンブールではじまります。公演は10月上旬。イスタンブール、イズミル、エジプトのカイロ、ハンガリーのブタペスト。と4か所回ってきます
。詳細情報はまたいずれお知らせいたします。
それではまた近いうちに。
皆さまどうぞお体たいせつに。

2008年12月 5日 (金)

sahyande makan山脈の子、稽古の日々。3.

Dscf5380
2
16
Dscf5534
Dscf5635
8
Dscf5522s
Vinu

2008年10月14日 (火)

India no netcafe yori vol.1

kankoku soule no <osello> mo buji owari India ni kiteimasu.

minami inndo kelara syuu no Thrissur-city.

keiko to kouen,kokunai thua-notame korekara 4kagetukan India de kurasimasu.

imaha zou no doubutuenn ni iki zou no kansatu wo sitari ayu-rube-da no tiryouinn ni kayoi taityouwo totonoetarisite sugositeimasu.

suujitunothi karaha [attapady] no yama no naka de 2week no gatusyuku keiko ni hairimasu.

mata aidaha akuto omoimasuga dekirudake blog mo kousin site ikitsi to omoimasu.

ro-maji de yominikukute gomennasai.

korekaramo yorosiku douzo.(*゚▽゚)ノ

osigoto nado no renraku saki ha

micari70@gmail.com made yorosiku onegaiitasimsu.♪:

kotiraha manatubi desuga japan ha kouyou kireidesyoune?

minasama douzo okarada gojiai kudasaimasee.(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

micari.

2008年10月 1日 (水)

パンジャビ阿国なのでした。そして韓国オセローへ。

0106_2
シアターXでの『踊る妖精08〜阿国のメタモルフォーゼ』、参加の私のソロ作品『じょんのひ」楽屋のスナップです。直前の路線変更超短期集中創作、火事場の馬鹿力的ひらきなおりでいさぎよくがんばりました。こんな私に惜しみなく助言をくださった共演の方々や幾夜を徹して協力してくださった先輩女優のTさんと、辛抱強く対応してくださったスタッフの方々、そしてお越し下さったお客さまに感謝することしきりです。
同じ舞台に立たせていただいた、4名の人生の大先輩の、創作へのアプローチや魅力を間近で拝見出来たことも幸せでした。歳月を重ねて行く、重ねていかなければわからないことがこれからどんどん起こるのだなあ、きっと私にも。なんて、、思いました。
さて、阿国は去り、今度は、オセローの妻、デズデモーナです。
これまた、短期決戦稽古中!クナウカの『夢幻能オセロー』を韓国の演出家 イユンテク先生がリメイクしています。クナウカ活動休止中ではありますが、ソロ活動中のメンバーが久しぶりに集まりユンテク先生マジックに驚愕やらなにやらしながら、笑い!ばく進稽古しています。
6日後には、ソウルで本番です!!(10/7、(8 は短縮バージョン) ソウル 世宗文化会館)、そして翌9日には、いよいよエレファントプロジェクト『山脈の子』公演インド4ヶ月の旅に出発です!!目が回りそうな毎日ですがなんとかインドまで、たどりつかねば〜。

2008年9月29日 (月)

阿国のメタモルフォーゼ『じょんのひ』終わりました。

Cocolog_oekaki_2008_09_29_00_20_2


2008年8月19日 (火)

『歌行燈』終了いたしました。

公演『歌行燈』、並びに美加理ワークショップ、無事に終了いたしました。
関係者の皆様、!お越しいただいた皆様!、どうもありがとうございました。!!
また新たに心とからだをみつめる日々でした。
公演に向けて積み重ねる日々というのは、なんともなんとも。。。出会った人々、環境、そのご時世、その絡み具合で、刻々と変化してゆく、不可視の造型。いったいこの船はどこにいくのか?
終わったばかりではまだみえないことだらけといつも思うのです。次へ次へと漕いでいって、ふとした時、風景がとびこんで、『ああ』と突然府におちる。
というわけで、早速次へと向かっています。
8月インド『山脈の子』の山中合宿。9月シアターX『阿国のメタモルフォーゼ』。10月韓国ソウル『オセロー』。10月インド『山脈の子』の稽古、11月インド稽古及び公演、12月、2009年1月インド国内ツアー。2月3月『オセロー』詳細未定。。。。。と、ひとまずここまで、走ってみます。根がかなりのんびり屋なのでお尻に火をつけなければなりません。
ここまで、一歩一歩、どんな世界や人に出会うのだろうか。どんな自分に出会うのか。
ここまで、いったら、ゆっくり健康診断受けたいです。
そして、ヒマラヤのトレッキングに行きたいのです。

2008年7月14日 (月)

『歌行燈』追紀行

8月の公演、泉鏡花原作『歌行燈』。小説の舞台である、三重県の桑名に共演の皆さんと行ってきました。
のち、他に作品に関連のある地域、伊勢、鳥羽、相差を単独で旅し、もろもろ味わって参りました。写真とコメント
を欄外の<マイフォト>に掲載します。 帰京してからは、稽古は猛ダッシュで進行しています。ダンス公演ですので、笠井Aさん(振付、台本構成、演出、出演)による激しい振付けをいただく日々で、身体が悲鳴をあげながらも、新鮮な体験をしています。

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • Levitra. (Buy sublingual levitra online.)

ウェブページ